サプリメントランキング

各種サプリメントの総合ランキングサイトです

効きめを実感できるサプリメント選び

健康的な生活のために、美容のために、現代人の毎日をサポートをしてくれるサプリメントが人気です。

 

当サイトでは、皆様が本当に効きめを実感できる、ご自分に最適なサプリメント選びをサポートを目的にしています。

 

タイプ別のサプリメントランキングをはじめ、サプリメントの飲み方などの基本、サプリメントに含まれる成分なども解説しているのでサプリメント選びにお役立て下さい。

 

ダイエット特集

ダイエットサプリ

燃焼系・カロリーカット系などのダイエットサポートサプリメント特集!本格的なダイエットコースから、お手軽ダイエットサポートまで!

≫詳細ページ

美容サプリ

美容サプリ

お肌や髪の毛などの美容は体の中からが基本!美容と健康に嬉しい美容系のサプリメントを徹底比較中!

≫詳細ページ

体力・スタミナUP

体力・精力アップサプリ

「最近疲れやすい」「仕事に集中できない」そんなあなたにおすすめの体力アップサプリメントを紹介!

≫詳細ページ

生活習慣病

生活習慣病サプリ

放っておくと怖い生活習慣病。生活習慣病を予防するためのサプリメントや、治療におすすめのサプリメントを紹介。

≫詳細ページ

目の疲れ・眼精疲労

眼精疲労サプリ

テレビやスマホ、PCなど、現代人の目は常に疲れています。眼精疲労対策や疲れ目を癒すのにおすすめのサプリメント紹介!

≫詳細ページ

体のむくみ・足のむくみ

むくみ

むくみは美容と健康の大敵!特に女性でお悩みの方が多いむくみについてピックアップしてみました!

≫詳細ページ

●PR●ダイエットサポートサプリの決定版!今ならお試し500円で購入できます!

 

サプリメントについて

サプリメントとは、もともとアメリカで使われている「ダイエタリーサプリメント」を略した言葉です。

 

日本での定義は、栄養を補給を目的とした食品で、錠剤やソフトカプセルなど、通常の食品の定義ではないものを指しています。

 

実のところ広義にとらえると一体どこまでがサプリメントの範囲なのかというのは、いまだ議論が続けられているところではありますが、医薬品ではなく食品の扱いである、ということは重要です。ただし、日本ではサプリメントとして扱われている成分でも、海外では医薬品と使われているような場合もあります。

 

医薬品ではないことから、サプリメントは比較的摂る方法が自由です。成分によっては摂りすぎると過剰症が起こるものもありますので、1日の摂取量の上限は守らなくてはなりません。過剰症が起きないまでも、サプリメントを摂りすぎることで胃腸や消化器官の調子を崩すケースは多いので、注意が必要でしょう。

 

副作用という言葉は厳密には食品には使われませんが、前出のように、海外では医薬品として使われている成分も日本のサプリメントには使われているケースもあることから、こういった、成分を摂取することによって起きるネガティブな症状を「副作用」として示し、注意を促している場合もあります。

 

摂取については、水溶性のものは1日数回にわけて飲む、即効性のあるものは目的の行動の1時間程前を目安に飲む、胃腸の弱い方は食前に飲むか多めの水分とともに摂る、といったように、摂取する成分の特性にあわせて工夫するとより効果的です。

 

妊娠中、授乳中の服用や、他に薬を飲んでいる人、アレルギーのある人は、飲む前に医師への相談が必須です。原材料にアレルギーに関わるものが含まれていなくても、製造工程で混入する可能性もありますので、アナフィラキシーの可能性のある方などは、トレーサビリティのはっきりしたサプリメントを選ぶようにすることも大事です。

 

 

どんなサプリメントがある?

サプリメントの種類は、化学合成成分だけでできたもの、天然成分を抽出したもの、天然の素材を合成したもの、に分けられます。

 

このうち、化学合成を施しているサプリメントについては、ビタミンやミネラルなど、成分表に並んでいるような栄養素のみが含まれている、ということになりますが、ポリフェノール等天然成分を抽出したものについては、それ以外の成分も含まれている可能性があるため、総合的な効果が高いと人気を集めています。

 

サプリメント摂る理由

年令性別を問わず人気のサプリメントですが、サプリメントを摂る目的としては、健康や美容の維持といった、どちらかといえばトラブルを起きにくくするために栄養を適時補っておく、という考え方が主流です。

 

また、体質改善目的で摂るケースも多いでしょう。さらに最近では、特定の疾患や症状の改善、緩和に効く成分をサプリメントで摂る、ということも常識になっています。

 

繰り返し言及しているようにサプリメントは医薬品ではないため、トクホや栄養機能食品の認定を受けていないサプリメントが効能を語ることはできませんが、インターネットを通じての情報収集も盛んにおこなわれており、「〜に効く」という情報がそのサプリメントの大流行につながる、といったこともよく起きています。