グルコサミンの腰痛肩こり改善効果

グルコサミンが腰痛・肩こりに効く

軟骨の磨耗が原因の腰痛とグルコサミン摂取

腰痛の原因は様々ありますが、その中でもダントツなのは「加齢」によるものだと言われています。もちろん日々の労働でストレスがたまっていたり、普段座る時間が長くて姿勢が悪くなってしまっている、また内臓に問題があるなども原因として考えられます。ただ、このような原因が全くなくても腰痛になってしまうのは、加齢による軟骨の損傷からくるものなのです。

 

関節部分には骨と骨を動かす為の軟骨が形成されています。この軟骨が加齢により磨り減ってしまうことで、骨と骨の動きがスムーズにいかなくなり痛みの要因となってしまうのです。

 

腰には椎間板という円盤状の軟骨が存在しています。その椎間板が磨り減ってしまうと、骨を動かすために十分な水分が不足し弾力がなくなってしまい、結果痛みを引き起こしてしまうのです。そこで磨り減ってしまった椎間板を再生するために必要なのが、グルコサミンの摂取です。

 

但し一つ留意しておきたいのが、グルコサミンはあくまでも骨に働きかける栄養素であり、腰痛に直接効き目があるというわけではありません。椎間板が既につぶれてしまった状態の椎間板ヘルニアや、変形性の腰椎症の場合はグルコサミンを摂取しても効果が得られないでしょう。

 

グルコサミンは、磨り減ってしまった軟骨を再生するために働きかける成分ですから、腰の関節症といった磨り減った軟骨の接触で痛みを感じる場合の治療に効果的です。

 

腰痛を緩和するためにグルコサミンを摂取しようと検討している場合は、まずその腰痛の状態が軟骨の磨り減りからきているのか、骨が変形してしまっていからなのか、詳しい状態を診てもらう事が重要です。

 

辛い痛みの緩和ケアとして、グルコサミンには炎症を抑制する効果もあげられています。椎間板が磨り減っていることから引き起こされている炎症の治療にはかなり効果が高いでしょう。